CSS3の機能の1つであるfilterプロパティ。これを利用すれば、PhotoshopやIllustratorなどの画像編集ソフトを使わずに「ぼかし」「モノトーン」「セピア」など様々な画像効果をつけることができます。

filterの使い方

CSSのfilterプロパティを使う方法をいくつか見ていきます。

ぼかしをかける

画像にぼかしをかけたい場合は「blur()」を使用します。

.example {
  filter: blur(5px);
}

コントラストをつける

画像にコントラストをつけたい場合は「contrast()」を使用します。

.example {
  filter: contrast(120%);
}

モノトーンにする

画像をモノトーンにしたい場合は「grayscale()」を使用します。

.example {
  filter: grayscale(100%);
}

セピアにする

画像をセピア色にしたい場合は「sepia()」を使用します。

.example {
  filter: sepia(80%);
}

明るさを出す

画像に明るさをつけたい場合は「brightness()」を使用します。

.example {
  filter: brightness(0.5);
}

色相を変える

画像の色相を変えたい場合は「hue-rotate()」を使用します。

.example {
  filter: hue-rotate(90deg);
}

彩度を変える

画像の彩度を変えたい場合は「saturate()」を使用します。

.example {
  filter: saturate(20%);
}

階調反転する

画像の階調を反転させたい場合は「invert()」を使用します。

.example {
  filter: invert(60%);
}

不透明度を変える

画像の不透明度を変えたい場合は「opacity()」を使用します。

.example {
  filter: opacity(75%);
}

ドロップシャドウをかける

画像にドロップシャドウをつけたい場合は「drop-shadow()」を使用します。

.example {
  filter: drop-shadow(5px 5px 10px black);
}

また、複数のフィルターを適用したい場合は以下のように半角空白区切りで指定します。

.example {
  filter: contrast(180%) brightness(10%);
}

filterを適用した例

CSSfilterを使ったサンプル

このように、Photoshopのフィルターや調整レイヤーのような効果をCSSだけで簡単に表現することができます。

ブラウザの対応状況にもよりますが、機会があれば試しに使ってみてください。

その他の記事