Googleが理想としていることは、検索エンジンの評価を人間の評価に近づけることであり、日本語分析力に対するGoogleの精度も日々進化し続けています。したがって、SEOにおける文章の作り方もより検索エンジンが認識しやすい文章を書くことが大切になってきます。

キーワードとの関連性

SEOで重要になるキーワードと関連性がある言葉を組み合わせて自然な文章を作成していくと良いでしょう。

同義語を使う

同義語とは、同じ意味ではあるが言い回しの異なる言葉のことです。例えば、「台所」と「キッチン」は同義語の関係になるでしょう。同義語の使い道としては、1ページ内に特定のキーワードの出現率が極めて高いといったときに、そのキーワードの代わりに同義語を使用することで、キーワードの過剰な使用によるペナルティを避けることができます。

類義語を使う

類義語とは、似たような言葉の意味を持つ語句です。場合によっては代替が可能な言葉となります。例えば、「言う」と「話す」は類義語の関係になるでしょう。うまく類義語を使いまわすことで、文章の幅も広がり、充実したコンテンツを作ることもできるでしょう。類語がうまく思いつかない場合は、weblio類語辞典などを利用して言葉を探すのも良いでしょう。

共起語を使う

共起語とは、文章を作る流れの中で特定のキーワードと一緒に使用される言葉のことで、これがあることでコンテンツの幅も広がることがあります。共起語を使うことで検索エンジンにもそのページがどのような内容であるかを正確に認識させることができます。例えば、「ワンピース」というキーワードを文章に使用したとします。その際に、文章中に「服」、「ファッション」、「コーディネート」などの言葉が使われていたら、それは「洋服のワンピース」が連想できます。一方で、「アニメ」、「冒険」、「物語」といった言葉が使われていたら、それは「マンガのワンピース」が連想されるでしょう。このように特定のキーワードと一緒に出てくる言葉によって意味合いも違ってきますので、検索エンジンはコンテンツ内容を判断する要素の1つとして共起語があると思います。

キーワードの出現位置

文章中に出てくるキーワードの位置についても少し意識して作成すると良いでしょう。例えば、「代官山 美容室」という複合キーワードで狙う場合、なるべく「代官山」と「美容室」の語句を近接して作るようにすると良いと思います。
「代官山駅近くの美容室○○○は南国をイメージした落ち着いた雰囲気のあるヘアサロンです。」といった感じで狙ったキーワードを近づけて文章を作成すると良いでしょう。
また、同じキーワードを近い位置に何度も使うことは、過剰なキーワードとしてペナルティを受ける可能性もあるので避けた方が良いでしょう。なるべく、無理のない程度に自然な文章を作ることが大事だと思います。

その他の記事