Photoshopを使って金屏風を作成

今回は、Photoshopを使用して金屏風を作ってみたいと思います。お祝い事など華やかなイメージに仕上げたいときに使えそうな素材ではないでしょうか。

下地を作る

お好きなサイズで新規ファイルを用意したら、金色のグラデーションをかけます。
ここでは、上下に「#feae31」真ん中に「#f8d04a」の色でグラデーションを作りました。

金屏風の下地

ノイズをかける

グラデーションをかけたら、その上に新規レイヤーを作成して黒色で塗りつぶします。そして、ノイズを加えていきます。
【フィルター】→【ノイズ】→【ノイズを加える】
分布方法をガウス分布、グレースケールノイズにチェックを入れて、お好みの量でノイズを加えたらOKを押します。レイヤーの描画モードを「覆い焼きカラー」に変更して不透明度を75%程度まで下げます。

下地にノイズを加える

これで金屏風の土台が完成しました。
あとは、背景に好きな模様などを敷いたりすると違った雰囲気が出せたりるので、いろいろ試してみてください。

古い質感を出した金屏風

材質調のパターンを敷いて少し古びた質感を出してみました。

華やかなイメージの金屏風

ブラシで花柄模様を描いて華やかなイメージを出してみました。

その他の記事
【Photoshop】雨が降っているような写真加工
Photoshopで木目調のテクスチャを作る
Bootstrapのグリッドシステムの使い方
【Illustrator】ブレンド機能で立体文字を作る
【Photoshop】チョーク風の文字を作る方法

TOP