ラベル要素をクリック反応させる方法

アンケートフォームやお問い合わせなどで利用されるチェックボックスやラジオボタンは、通常はチェックボタンをクリックすればチェックされますが、テキストをクリックしてもチェックが付くようにしたい場合はlabel要素と組み合わせれば可能になります。

label要素をクリック可能にする

以下のようなラベルをクリックできるようにします。

<input type="checkbox"><label>check1</label>

このままでは、テキスト箇所をクリックしてもチェックが付きません。そこで、id属性とfor属性を組み合わせてテキストもクリックできるようにします。

<input type="checkbox" id="c1"><label for="c1">check1</label>

このように、inputのidとlabelのforの値を一致させることで、label要素もクリックできるようになります。しかし、iOSのsafariの場合は、バージョンによってはうまく動作してくれないことがあるので、その場合はもう一工夫が必要になります。

<input type="checkbox" id="c1"><label for="c1" onclick="">check1</label>

このように、label要素に「onclick」を空の状態で入れるとiOS版safariでもlabel要素をクリックできるようになります。

その他の記事
XHTMLとHTML5の違い
SVGを使ったクリッピングマスク
横並びリストに自動で区切り線をつける方法
Webサイトを作る際、HTML5やCSS3を使用するべきか?
figure要素の使い方

TOP