高さの違うボックスを均等に表示させる

高さがそれぞれ違うボックスでもCSSを使えば簡単に高さを揃えて均等に配置することができます。リキッドレイアウトにしたいときなどにも使えたりします。

ボックスを均等にレイアウトする方法

ボックスの高さを揃えて均等にレイアウトするには、displayプロパティを使って表示させます。

.box {
  display: table;
}

.box-child {
  display: table-cell;
}

まず、親ボックスとなる要素に「display: table;」を指定します。そして、子要素に対して「display: table-cell;」を指定することで、高さを揃えたレイアウトをすることができます。簡単に言えばボックスをtable要素のような扱いにしているということです。

記事などのコンテンツを一覧で表示させる場合に均等に揃えてレイアウトしたいというときには、このような方法を使って表示させるのも1つの手段となるのではないでしょうか。

その他の記事
【CSS入門】フォント設定について
CSSだけで斜めのストライプを作る
SVGを使ったクリッピングマスク
CSSのfilterプロパティを使って画像効果をつける
WordPressのテンプレート階層について

TOP