【WordPress】編集画面を実際のページと同じ表示にする

WordPressの編集画面でビジュアルモードを使用して記事を作成する際に、実際に表示するページと同じデザインで表示させて編集を行いたいということもあるかと思います。そのような場合の管理画面の設定方法を紹介します。

編集画面にスタイルを適用する方法

編集画面に実際のページで使用するスタイルを適用させるには、「editor-style.css」というファイルを作成する必要があります。そして、作成したファイルはテーマフォルダ内にアップロードします。

エディタスタイルシートを有効にする

作成した「editor-style.css」を実際に使えるようにするには、functions.php内に以下を追加します。

add_editor_style();

これで、編集画面のビジュアルモードの表示も実際に生成されるページと同じスタイルで表示されるようになります。

以上が、WordPressの編集画面を実際に生成されるページと同じデザインで表示させる方法となります。

その他の記事
便利なWordPressプラグイン
ミラーサイトとは
Webデザインにおけるレイアウトの考え方
Googleで検索する小技
画像ファイルを圧縮して軽量化

TOP