Googleはガイドラインに違反していると判断したWebサイトに対してペナルティを科すことがあります。Googleからのペナルティを受けてしまうと検索順位が下がってしまったり、場合によっては、インデックスから削除されてしまうことがあります。ペナルティを受ける原因としては不自然なリンクに対するものと、低品質なコンテンツに対するものが主なペナルティ要因となります。

ペナルティの確認方法

まずは、Search Consoleにサイトを登録しておきます。Googleからペナルティが科せられている場合はSearch Consoleにメッセージが届きます。ペナルティを確認するには、左メニューにある「検索トラフィック」→「手動による対策」をクリックします。すると、該当するペナルティの内容が書かれていますので、それに従って対応していきます。

解除方法

まずは「サイトへの不自然なリンク」が適用されている場合の対処方法ですが、1つは不自然なリンクと思われる箇所に「nofollow属性」を設定する方法です。もう1つはリンク自体を削除してしまうことです。不自然なリンクと見なされるものの例としては、過剰な相互リンク、購入したリンク、プログラムなどで自動生成されたテキストで作られているサイトからのリンクなどいくつかあります。
不自然なリンクをチェックするには、Search Consoleの左メニューにある「検索トラフィック」→「サイトへのリンク」をクリックします。そして、「リンク数の最も多いリンク元」にある詳細をクリックします。「その他のサンプルリンクをダウンロードする」をクリックしてCSVファイルをダウンロードすると外部リンク一覧を取得できますので、ペナルティの原因となっていそうなリンクを確認してください。
該当するリンクが見つかったら、リンク元の管理者等に連絡をしてリンクを削除してもらうなど依頼をします。
もし、管理者に連絡がとれなかったり、自分ではどうしようもない場合には「リンク否認ツール」を使って対応することができます。使い方は、まず無視してほしいリンク一覧をテキストファイルとして作成します。作成方法はバックリンクを否認するを参考して作成してください。
テキストファイルを作成したら、Search Consoleにあるリンクの否認ツールを開きます。「リンクの否認」をクリックして作成してファイルを送信して完了です。
一通り、対応できることが済んだら、再審査リクエストをしておきましょう。
これもSearch Consoleからできます。左メニューにある「検索トラフィック」→「手動による対策」をクリックして、再審査リクエストをクリックします。

次に、低品質なコンテンツによりペナルティを受けてしまった場合の対処方法ですが、ページを削除してしまう、リライトなどを行ってコンテンツを充実させる、noindexを設定するなどがあります。どのようなものが低品質なコンテンツと判断されるかは、価値のない質の低いコンテンツに書かれているので参考にしてください。
こちらも対応が完了したら、再審査リクエストを行ってください。

その他の記事