【Photoshop】波紋の作り方と水面の映り込み

Photoshopを使って水面にできる波紋の作り方と、水面に文字が映り込んでいる様子を表現する方法を紹介します。フィルタを使った単純な作成方法となっています。

波紋の作り方

まずは、水面となるテクスチャを用意しましょう。フリー素材でも何でも構いません。簡単な水面の作り方は「超簡単!Photoshopで水面を表現」を参考にしてみてください。

水面のテクスチャを用意

フィルタをかける

メニューから【フィルタ】→【変形】→【ジグザグ】を開き、「量:100%」「折り返し:12」「スタイル:左上、右下方向」で適用します。

水面に波紋を描画する

これで水面にできる波紋の完成です。

映り込みを作る

今度は、水面に文字が映り込んでいる様子を表現していきます。まず、先程作った波紋のテクスチャをpsdで保存しておきます。

文字を配置する

適当に文字を作成して配置します。

テキストを配置する

文字を反転させる

次に文字レイヤーをコピーして垂直方向に反転させて下の方に配置します。

テキストを複製して反転させる

水面に馴染ませる

反転させた文字を水面に馴染ませていきます。レイヤーをスマートオブジェクトに変換してフィルタをかけていきます。

置き換え

メニューから【フィルタ】→【変形】→【置き換え】を開き、先程psdに保存しておいた波紋のファイルを選択します。

文字を水面になじませる

波紋

もう少し、揺らいでいる感じを出します。
メニューから【フィルタ】→【変形】→【波紋】を開き、振幅数を「中」にして、好みの量で調整して適用します。

文字が揺らいでいる感じにする

最後にベクトルマスクを追加し、マスクにグラデーションをかけて不透明度を少し下げれば完成です。

文字が水面に映り込んでいる様子

以上が、Photoshopで水面に波紋を描く方法と、文字が映り込んでいる様子を表現する方法となります。

その他の記事
【Photoshop】写真を油絵風に加工する
デュオトーンの作り方
Photoshopのリンク配置
CSSアニメーションを使ってみよう
【Illustrator】かすれ線の作り方

TOP