季節を感じさせる配色パターン

Webサイトに季節感を出したい場合には、四季折々で連想される物や風景などを取り入れて配色を考えるとそれぞれの季節をイメージしやすくなります。

春をイメージする配色

春を連想するもので言えば、桜のピンクや草木が育ち始める緑色などがイメージしやすいのではないでしょうか。

春を連想する配色

夏をイメージする配色

夏を連想するもので言えば、青い海やさんさんと輝く太陽の赤、花で言えば代表的なひまわりの黄色などを取り入れるとイメージしやすいのではないでしょうか。

夏を連想する配色

秋をイメージする配色

秋を連想するもので言えば、紅葉のオレンジや茶色など暖色系でまとめるとイメージしやすいのではないでしょうか。

秋を連想する配色

冬をイメージする配色

冬を連想するもので言えば、雪の白色や青やグレー系を取り入れて寒さを感じさせる配色にすればイメージしやすいのではないでしょうか。

冬を連想する配色

このように自然の中にあるような色を取り入れると比較的、簡単に季節感を出しやすくなります。

その他の記事
CSSだけで画像を丸く表示させる方法
Googleの日本語対応Webフォント
pure.cssの使い方【基礎編】
デュオトーンの作り方
CSSのみで作る見出しデザイン

TOP