一瞬でポップな感じに加工する方法

PhotoshopやIllustratorを使ってオブジェクトをポップ調に仕上げる方法を紹介します。フィルターや効果を使用するだけでとても簡単に作ることができるので、テクニックの1つとして覚えておくのも良いでしょう。

ポップ調に加工する方法

まずは、加工したいオブジェクトを用意しましょう。

土台の用意

Photoshopの場合

メニューから【フィルター】→【ピクセレート】→【カラーハーフトーン】

Illustratorの場合

メニューから【効果】→【ピクセレート】→【カラーハーフトーン】

ポップ調テクスチャの完成

あっという間にポップな感じに加工できました。カラーハーフトーンのオプションはお好みで設定してください。

文字にも同じように適用することができます。ただし、Photoshopの場合はテキストをラスタライズしてからフィルターをかけるようにします。

ポップな文字加工

このように、一瞬で簡単にオブジェクトをポップな感じに加工することができます。機会があれば試しに使ってみてください。

その他の記事
【Photoshop】写真を油絵風に加工する
見出しで使えそうなデザイン
Photoshopでシームレスなパターン作成
【Photoshop】チョーク風の文字を作る方法
Webデザインで使えそうなアイコンを作ってみる

TOP