Photoshopで放射状を作る

バナー広告などで背景にちょっとしたインパクトをつけたいときのテクニックとして放射線状に光を放つような表現方法を紹介します。Photoshopを使って簡単に作成することができます。

土台となる背景を用意

まずは下地となる背景を好きな色で用意します。

放射状の下地

グラデーションをかける

新規ファイルを作成して描画色から透明のグラデーションを上から下へ向かってかけます。描画色は好きな色に設定してください。ここでは白に設定しました。

放射状の下地にグラデーションをかける

フィルターをかける

グラデーションをかけたら波形フィルターをかけます。
【フィルター】→【変形】→【波形】で選択したら「矩形波」にチェックをして、波数5、波長を最小5、最大120、振幅を最小5、最大35で設定します。

波形フィルターを適用

さらに極座標フィルターをかけます。
【フィルター】→【変形】→【極座標】で選択し、「直交座標を極座標に」にチェックを入れます。

極座標フィルターを適用

こんな感じで光を放つ放射状の線を表現することができます。

放射状の完成

また、線を引くだけでも簡単に表現することができます。
まず、適当に縦線を何本か引きます。

縦線を描画

そして、極座標フィルターをかけるとこんな感じで太陽の日の出みたいな表現をすることができます。サンバーストとも呼ばれたりします。
波形フィルターの振幅の数値を上げると線を作らなくても同じような効果を出すことができます。

サンバーストの完成

線の色や幅、本数を変えるといろいろな放射状の表現ができそうです。
また、下地の色が違うだけでもこのように印象が変わってきます。

スタイリッシュな放射状

サイト上にもたくさん放射状のブラシ素材などはありますが、簡単に自分でも作れるものなので、覚えておいて損はないでしょう。

その他の記事
Photoshopのリンク配置
スマホサイトの基本的なデザイン方法
グランジを使ってスタンプ風の加工をする
Webデザインをする際の配色について
Webデザインで使えそうなアイコンを作ってみる

TOP