日本語のGoogle Fontsを使用する方法を紹介します。フォントをダウンロードして自分のPC内で使用したり、Webフォントとしてサイト上で表示させたりすることができます。

日本語で使えるGoogle Fonts

日本語のフォントとして使用できるものには、以下のような種類があります。

  • Noto Sans JP
  • M PLUS 1p
  • Sawarabi Mincho
  • M PLUS Rounded 1c
  • Sawarabi Gothic
  • Noto Serif JP
  • Kosugi Maru
  • Kosugi

日本語フォントの使い方

Google Fontsの日本語フォントを使用するには、まず「Google Fonts」のサイトへアクセスします。そして、右側にある「Languages」から「Japanese」を選択します。

Google Fontsの言語を日本語にする

フォントのダウンロード方法

自分のPC内でフォントを利用したい場合は、ダウンロードして使用します。まず、使用したいフォントの右上にある「+」アイコンをクリックします。すると、画面下に「Family Selected」というバーが表示されるので、それをクリックします。

ダウンロードしたいフォント選ぶ

次に右上にあるダウンロードのアイコンをクリックします。

ダウンロードアイコンをクリックする

これで、フォントのダウンロードは完了です。あとは、自分のPCにフォントを追加すれば、様々なツールでダウンロードしたフォントを使用することができます。フォントの追加方法は、お使いのPCの使用方法に従って追加してください。

Webフォントとして利用する方法

Webフォントとして、サイト上で利用したい場合は、先程のダウンロード方法と同様に使用したいフォントの「+」アイコンをクリックして、画面下のバーをクリックします。そして、「CUSTOMIZE」タブをクリックして、Languagesにある「Japanese」にチェックを入れます。

カスタマイズで日本語を選択する

そして、「EMBED」タブをクリックして、出力されたコードをコピペすれば使用することができます。link要素をheadタグ内に記述し、CSSファイルでフォントを適用したい箇所にfont-familyを指定します。

出力されたコードをコピペする

以上が、Google Fontsの日本語フォントをダウンロードする方法、Webフォントとして使用する方法となります。

その他の記事