グランジを使ってスタンプ風の加工をする

イラストレーターを使ってスタンプ風の加工をする方法を紹介します。基本的にはブラシを用いてこすれた感じのグランジ加工をすることで簡単に表現することができます。

スタンプ風に加工する方法

まずは、使用したいオブジェクトを用意します。

スタンプとなる素材

グランジをかける

グランジとは、デザインをする際に、かすれ・汚れといった表現をする場合に使われる用語です。このグランジを使ってかすれた感じに加工していきます。
1番単純な方法は、ブラシで表面を塗っていく方法です。ブラシツールに切り替えて、「アート_木炭・鉛筆」で「チョーク」を選択し、線の色を白色にしたら、部分的に塗りつぶしていきます。

ブラシでかすれた感じを出す

これで、かすれたような雰囲気が出せます。他のやり方としては、マスクを使用する方法があります。まず、オブジェクトを選択して透明パネルを開きます。そして、不透明マスクを作成します。

透明マスクの作成方法

この時点でオブジェクトは見えなくなりますが、ブラシでこすれば浮かび上がってくるので大丈夫です。あとは、先程と同じようにブラシで塗っていけば完成します。その際、白で塗ると濃く浮かび上がり、黒で塗ると薄く浮かび上がってきます。

色違いでブラシで擦った感じ

これで完成でも良いですが、最後にオブジェクトを少しだけいびつな形にして、よりスタンプっぽさを出していきます。
【効果】→【パスの変形】→【ラフ】で開き、オプションで「入力値」を選択し、プレビューを見ながらサイズなどを調整したら適用させます。

スタンプ風加工の完成

これで少し歪んだ感じになり、スタンプっぽさが出せます。

以上が、イラストレーターを使ってスタンプ風の加工をする方法となります。

その他の記事
Webデザインをする際の配色について
HTML5でSVGを使った図形を作成
タイル状にレイアウトするMasonry
【Photoshop】月明かりで輝く夜空の雲を作る
【Photoshop】写真を雪化粧に加工する

TOP