【Illustrator】かすれ線の作り方

イラストレーターを使って下線や枠線などをかすれた感じに加工する方法を紹介します。かすれ線にすることによって、アナログ感を表現することができたりして、通常の線とはひと味違った雰囲気を出すことができます。

かすれ線の作成手順

まずは、適用に線を作ります。

枠線を準備する

次に線を選択した状態でブラシパレットを開きます。そして、ブラシライブラリから「アート_木炭・鉛筆」を選択します。そこから「鉛筆(大)」や「鉛筆(細)」など鉛筆系のブラシを適用するとかすれた感じの線を作ることができます。

ブラシでかすれ線を作る

下画像は単純な線とかすれ線でサムネイル画像を囲った例ですが、サイトの雰囲気をふんわりと可愛らしい感じにしたい場合には、このような枠線のパーツもしっかりとした線よりアナログ感のあるかすれた線の方がちょっとしたアクセントになって女の子らしい感じに仕上がったりします。

通常の線とかすれ線の比較

以上がイラストレーターを使ってかすれ線を作成する方法となります。

その他の記事
CSSだけで画像をトリミングする
【Photoshop】写真を油絵風に加工する
見出しで使えそうなデザイン
【Photoshop】白黒写真の一部をカラーにする方法
クリッピングマスクが効かないときの対処法

TOP