Webデザインをしていく中で、色の使い方であったり、画像であったりと使用するもので印象は変わってきます。フォントの使い方もWebサイトを印象付ける中で重要な要素の1つとなります。そこで、主なフォントの種類とフォントの持つイメージを見ていきます。

フォントの種類

主なフォントの種類には以下のような分類があります。

和文欧文
ゴシック体サンセリフ対
明朝体セリフ体
行書体スクリプト体
手書き手書き
フォント書体サンプル

フォントの持つイメージ

フォントの種類で、それぞれのフォントが持つイメージとしてよく言われているものが以下になります。

ゴシック体・サンセリフ体

力強い、クール、そして、男性的な印象を持つ。視認性や可読性が比較的高くなる。

明朝体・セリフ体・スクリプト体

信頼感、繊細、エレガント、そして、女性的な印象を持つ。視認性や可読性が比較的低くなる。

行書体

年配向けであったり、和を感じさせる。

手書き

若さ、愛らしく親しみのある印象を持つ。

丸ゴシック体

かわいい、子供らしい印象を持つ。

Webデザインをする際には、配色、写真、イラスト、パーツなどは印象付けるのに大きな役割を持っていますが、フォント選びも使い方次第でイメージが変わってくるので、制作するときにはその辺も意識して作業してみてください。

その他の記事