色が持つイメージと性質について

同じデザインでも使用する色によって全然違った印象になります。そこで、それぞれの色が持っているイメージや性質についていくつか見ていきたいと思います。

青色が持つイメージ

青色は冷静、知的な印象を与える色で信頼性や堅実的な感じを出したいときによく使われたりします。

青色のイメージ

冷静、誠実、知性、冷たさ、さみしさなど

青から連想されるもの

海、空、夏、水など

赤色が持つイメージ

赤色は活発な印象を与える色で元気でエネルギッシュな感じを出したいときに使われたりします。また、生理作用にも影響を与えるとも言われていることから食欲を増進させる色でもあり、飲食系のサイトでもよく用いられる色でもあります。

赤色のイメージ

愛情、積極的、情熱的、衝動的など

赤から連想されるもの

火、口紅、紅葉など

黄色が持つイメージ

黄色は視認性の高い色で注意・注目させたいときなどに使われたりします。

黄色のイメージ

幸福、明るい、幼稚、希望など

黄から連想されるもの

太陽、タンポポ、ひまわり、ビタミンなど

緑色が持つイメージ

緑色は気持ちを穏やかにして安心感を与える色で自然や健康などをイメージさせるサイトでよく使われたりします。

緑色のイメージ

自然、健康、エコ、リラックスなど

緑から連想されるもの

森林、植物、春、お茶など

ピンク色が持つイメージ

ピンク色は優しさを与える色で、女性に好まれやすい色でもあることから女性をターゲットにしたサイトでよく使われたりします。

ピンク色のイメージ

かわいい、若い、ロマンス、繊細など

ピンクから連想されるもの

女性、桜、化粧、春など

紫色が持つイメージ

紫色は神秘的で優雅な印象を与え、気品高く、高貴な色です。

紫色のイメージ

神秘、高級、伝統、優雅など

紫から連想されるもの

ワイン、ぶどう、ラベンダーなど

白色が持つイメージ

白色は清潔感を与える色で空間の広さや軽やかさを持たせます。

白色のイメージ

清潔、祝福、純粋、無垢など

白から連想されるもの

雪、紙、医療、塩、牛乳など

他にもありますが、このような色が持つイメージや性質を考慮してサイトなどを作成していくと与える印象も変わってきますので、いろいろ試してみると良いでしょう。

その他の記事
Photoshopで放射状を作る
CSSだけで画像を丸く表示させる方法
パターン画像が作れるジェネレーター
【Photoshop】アクションとは?
クリックやマウスオーバーを促すアニメーション

TOP