Illustratorでポップでかわいらしい感じの雲や少しリアル感のある雲の作り方を紹介します。特に難しいことはせずに、楕円形ツールを使って作る単純な作成方法となっています。

リアル感のある雲を作る

少しだけリアルな感じが出ているような雲の作り方です。まずは、ブルーの背景を用意したら適当に楕円を作ります。

楕円を描く

次に楕円形を選択した状態で「ラフ」をかけます。
メニューから【効果】→【パスの変形】→【ラフ】でウィンドウを開き、「サイズ:3%」「詳細:25インチ」「ポイント:ギザギザ」でラフ効果をかけます。

ラフ効果をつける

続けて、「ランダム・ひねり」をつけます。
メニューから【効果】→【パスの変形】→【ランダム・ひねり】でウィンドウを開き、「水平:10%」「垂直:10%」で適用します。

ランダム・ひねりを加える

そして、ぼかしを12px程でかければ完成です。
メニューから【効果】→【スタイライズ】→【ぼかし】

リアルな雲の完成

これで少しモヤモヤっとした感じの雲になります。ラフやうねりのかけ方次第で、形も違ってくるのでその辺はうまく調節しながら作ってみてください。

ポップな雲を作る

今度は、ポップでかわいらしい感じの雲を作ります。
楕円形ツールで正円を描いたら、何個か複製して重ねていきます。重ねたシェイプをすべて選択した状態でパスファインダから形状モードを「合体」にするとポップな感じの雲が作れます。

ポップな雲を作る

使う機会もそんなにないとは思いますが、一応このような簡単な工程で作ることができます。

その他の記事