【WordPress】カスタムフィールドの使い方

カスタムフィールドとは、1つ1つの記事に対して名前と値を設定して、自由にフィールドをセットすることができる機能です。例えば、各記事のクリック数をカウントするように設定をして人気記事ランキングのような枠を設置したり、記事一覧で各ページの説明文(ディスクリプション)を載せる際に本文からの抜粋では長すぎるといった場合に一覧用に短めのディスクリプションを作成して設置するなど、様々な使い道が考えられます。

カスタムフィールドを使うには?

カスタムフィールドを設置して利用できるようにするには、投稿の編集画面にカスタムフィールド枠があるので、そこから設定をすることができます。編集画面に枠がない場合は、「表示オプション」から「カスタムフィールド」にチェックを入れると利用できるようになります。あとは、好きなフィールド名と値を設定すれば完了です。

カスタムフィールドの表示・取得方法

設定したカスタムフィールドを表示させたり取得したりする場合は、「get_post_meta();」というテンプレートタグを使用します。

<?php echo get_post_meta(id,name,true); ?>

上記の例は、カスタムフィールドを表示させる場合なのでechoを使って出力させるようにしています。idには記事idを指定して、nameにはカスタムフィールドで設定した名前を指定します。trueは単一の値として設定した値を使用する場合で、配列を作って値を設定したい場合はfalseにします。ちなみに記事idは「$post->id」で取得することができます。

使い方次第でいろいろなシーンでカスタムフィールドを利用することができますので、何か良いアイディアが浮かんだらカスタムフィールドを使ってカスタマイズしてみたりしてください。

その他の記事
【WordPress】様々な機能を利用するには
フッターをページ下部に固定する方法
テーブルのセルを均等幅でレイアウトしたい場合
IEで角丸などを表現させるプラグイン
【jQuery】アニメーション中のイベントを制御する

TOP