displayとは、Webページを構築していく際に各要素をどのような形式で表示させるのかを指定するプロパティです。HTMLには、div要素、p要素、span要素など様々なタグがありますが、ほとんどの要素は「block」または「inline」の値が初期値として割り当てられています。

displayが取れる値

displayプロパティを指定する際に取ることができる値には以下のようなものがあります。

  • block
  • inline
  • inline-block
  • none
  • flex
  • table
  • table-cell
  • grid

これ以外にもまだ色々とありますが、ここでは省略します。その中でも使用されることが多いであろう「block」「inline」「inline-block」「none」について見ていきます。

block、inline、inline-blockの違い

displayプロパティにあるblock、inline、inline-blockの大まかな違いには表示のされ方と指定できる要素にあります。

block要素について

block要素は縦に並んでいきます。h1~h6の見出しタグやpの段落タグなどがblock要素になります。幅や高さ、余白の指定をすることができます。text-alignを使った左右、中央の表示位置を指定することはできません。(もちろん、表示させる方法はありますが、ここでは省略します。)

inline要素について

inline要素は横に並んでいきます。aタグやimgタグなどがinline要素になります。幅や高さは指定できません。余白は左右は指定できますが、上下は指定できません。text-alignを使った左右、中央の表示位置を指定することができます。

inline-block要素について

inline-block要素は横に並んでいきます。幅や高さの指定ができ、余白も上下左右の指定をすることができます。そして、text-alignを使った左右、中央の表示位置を指定することもできます。inline要素とblock要素を混ぜ合わせた感じです。

display block inline inline-block
並び方 縦に並ぶ 横に並ぶ 横に並ぶ
幅と高さの指定 幅・高さとも指定できる 指定できない 幅・高さとも指定できる
余白の指定 上下左右の余白が取れる 左右の余白は取れるが上下は取れない 上下左右の余白が取れる
text-alignの指定 指定できない 親要素に対して指定できる 親要素に対して指定できる
vertical-alignの指定 指定できない 指定できる 指定できる

noneの使い方

要素に対して「display:none;」を指定すると要素は非表示になります。ただし、ページ上で表示になっているだけで、消えているわけではないので、実際にはページを開いたときには「display:none;」とした箇所も読み込まれています。

以上が、displayプロパティの基本的な使い方となります。状況に応じて色々と使い分けられると思います。リストを横並びにして画面中央に表示させたいから「inline-block」を使う、レスポンシブWebデザインで端末ごとに表示させたいものと表示させたくないものがあるから「none」を使うなどが考えられます。

その他の記事